大同分析リサーチ

登録講習等に関するお問い合わせ 052-611-9602

登録講習に関する詳細はこちら

事業案内
contents
分野から探す
化学分析
物理測定
有機分析
試料作製
材料評価
環境測定・分析
作業環境測定登録講習
設備一覧
分析事例から探す
化学成分・環境分析
構造解析・形態観察
物性値測定
破損・疲労・劣化
異物・変色・表面性状
腐食・防食
その他
お問い合わせ

塗膜内異物の非破壊分析
〜顕微レーザーラマン分光分析〜


1. はじめに

 塗装不良のひとつとして仕上げ面に異物が混入し、突起状に観察される「ブツ」があります。この原因としては塗料に起因する塗ブツの他に、ほこり・繊維くず等が考えられます。異物は塗膜内部に存在するため通常は破壊調査が行われますが、光が透過する塗膜に対しては共焦点を用いたラマン分光分析による非破壊調査が可能です。

2. 調査方法

(1) 供試材:異物混入多層塗装膜
(2) 使用装置:ラマン分光分析装置
(3) 測定条件:共焦点

<測定条件>

レーザー波長 532nm
対物レンズ 100倍
アパーチャー径 40µm

3. 結果

 ラマンスペクトルの結果から異物はポリエチレンテレフタレート(PET)と推定されました。PETはポリステル繊維として広く使用されており、衣類等の繊維がなんらかの原因で付着したものと考えられます。

 
株式会社大同分析リサーチ 〒457-8545 名古屋市南区大同町2丁目30番地 TEL052-611-9434 FAX052-611-9948