大同分析リサーチ

登録講習等に関するお問い合わせ 052-611-9602

登録講習に関する詳細はこちら

事業案内
contents
分野から探す
化学分析
物理測定
有機分析
試料作製
材料評価
環境測定・分析
作業環境測定登録講習
設備一覧
分析事例から探す
化学成分・環境分析
構造解析・形態観察
物性値測定
破損・疲労・劣化
異物・変色・表面性状
腐食・防食
その他
講習から探す
作業環境測定士
登録講習(第1種)
作業環境測定士
登録講習(第2種)
作業環境測定士
個人サンプリング講習
特定化学物質及び
四アルキル鉛等
作業主任者技能講習
有機溶剤
作業主任者技能講習
化学物質管理者
養成講習

有機溶剤作業主任者技能講習

愛知労働局長登録教習機関登録番号1488 登録満了日2027年9月20日
株式会社大同分析リサーチは、愛知労働局の認可を受けて、有機溶剤作業主任者技能講習(以下「有機溶剤作業主任者講習」という。)を開催します。多くの方の受講をお待ちしております。詳しくは、以下の詳細をご覧下さい。
Webで申込みが可能です。以下の「有機溶剤作業主任者技能講習 お申込みフォーム」ボタンよりお入りください。
なお、従来のFAXでの申込みも可能です。

1. 有機溶剤作業主任者技能講習とは (根拠法令)

労働安全衛生法第14条(安衛令第6条,22号)の規定に基づき、有機溶剤を取り扱う作業に労働者を従事させる場合、事業主は、都道府県労働局長に登録する者が行う有機溶剤作業主任者技能講習を修了した者のうちから有機溶剤作業主任者を選任して作業の指揮やその他規則で定められた職務を行わせなければならないとされています。
この技能講習は、労働安全衛生法第14条、同施行令第6条第22号に規定する有機溶剤作業主任者技能講習取得希望者(選任予定者含む)を対象としております。

2. 有機溶剤作業主任者とは?

「有機溶剤」は、有害性・危険性のある有機溶剤を使用する工場で働く作業者が、これらの物質を吸引したりしないように、作業者へ作業方法を指導し、作業環境の改善に努める役割を担うための監督等を行う必置資格です。

有機溶剤とは?

労働安全衛生法で健康障害を発生させる(可能性が高い)物質約50種類が規制されています。例えば「トルエン」、塗料・インキ・接着剤溶剤・ゴム希釈材のる溶媒として広く使われるほか,合成化学工業での重要原料として利用されています。

これらの化学物質を取り扱う工場・現場では必ず作業主任者を選任しなければならないと法律で定められており、交代制の場合は、「直」ごとの選任が必要となります。

3. 有機溶剤作業主任者の職務

(有機溶剤中毒予防規則第19条の2/昭和47年労働省令第36号)

a. 作業に従事する労働者が有機溶剤により汚染され、有機溶剤蒸気を吸入しないように、作業の方法を決定し、労働者を指揮すること。

b. 安全な作業環境を維持するための大切な設備である局所排気装置、プッシュプル型換気装置、全体換気装置を一月を超えない期間ごとに点検すること。

c. 保護具を作業者が正しく使用しているか、その使用状況を監視すること。

d. 作業者が特に危険の大きいタンク内作業に従事する場合に、有機溶剤がタンクに残っていたり、流れ込んだりしないための措置そのほか必要な措置が講じられていることを確認すること。

4. 講習科目の範囲及び時間

化学物質関係作業主任者技能講習規程(平成6年6月30日 労働省告示第65号)

講習科目 範囲 講習時間
健康障害及びその予防措置に関する知識 有機溶剤による健康障害の病理、症状、予防方法及び応急措置 4時間
作業環境の改善方法に関する知識 有機溶剤の性質、有機溶剤の製造及び取扱いに係る器具その他の設備の管理 作業環境の評価及び改善の方法 4時間
保護具に関する知識 有機溶剤の製造又は取扱いに係る保護具の種類、性能、使用方法及び管理 2時間
関係法令 労働安全衛生法、労働安全衛生法施行令及び労働安全衛生規則中の関係条項 有機溶剤予防規則 2時間

5. 修了試験の配点

(1) 修了試験の各科目ごとの配点は、次のとおりです。

ア 健康障害及びその予防措置に関する知識 30点

イ 作業環境の改善方法に関する知識 30点

ウ 保護具に関する知識 10点

エ 関係法令 30点

合計 100点

(2) 採点は各科目の点数の合計100点をもって満点とし、各科目の得点が(1)に掲げる配点の40パーセント以上であって、かつ、全科目の合計得点が60点以上である場合が合格です。

6. 作業主任者を選任しないとどうなるのか

罰則(労働安全衛生法119条)

作業主任者の選任など労働安全衛生法第14条の規定に違反した者は、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処するとされております。

7. 受講資格

18歳以上
※外国籍の方でも、日本語の読み・書き・聞き取りに問題がなければ受講可能です。

8. 講習日程

2日間 ※修了試験あり
講習は定員に達した時点で受付終了となります。


2023年度

回 数 有機溶剤作業主任者講習日程 申込期限 状況
第8回 2024年 2月26日(月)、27日(火) 2月12日(月)

2024年度

回 数 有機溶剤作業主任者講習日程 申込期限 状況
第1回 2024年 4月22日(月)、23日(火) 4月8日(月) 受付中
第2回 2024年 5月27日(月)、28日(火) 5月13日(月) 受付中
第3回 2024年 7月22日(月)、23日(火) 7月8日(月) 準備中
第4回 2024年 8月26日(月)、27日(火) 8月13日(火) 準備中
第5回 2024年 9月30日(月)、10月1日(火) 9月17日(火) 準備中
第6回 2024年 10月28日(月)、29日(火) 10月15日(火) 準備中
第7回 2024年 12月16日(月)、17日(火) 12月2日(月) 準備中
第8回 2025年 1月27日(月)、28日(火) 1月14日(火) 準備中
第9回 2025年 3月17日(月)、18日(火) 3月3日(月) 準備中

9. 講習科目

1日目 9:00〜17:00
2日目 9:00〜17:30(昼食休憩45分)

区分 講習科目 時間
学科 健康障害及びその予防に関する知識 4時間
保護具に関する知識 2時間
作業環境の改善方法に関する知識 4時間
関係法令 等 2時間
終了試験(全科目終了後に実施) 1時間

10. 講習料金

14,300円(消費税込、テキスト及びお弁当お茶2日分含む)

振込手数料はご負担ください。

受講料は講習初日14日前までに銀行振込にてお支払いください。現金書留、現金持参は不可とします。

領収証は、原則発行いたしません。

テキストは、講習初日に配布します。(受講料に含まれます)

11. 有機溶剤作業主任者技能講習受講までの流れ

(1)申し込み

a. 弊社ホームページのお申込みフォームに必要事項を入力しての申し込み(WEB申込)

b. 弊社ホームページから申込書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、弊社までFAXする申し込み

Web申込みがお勧めです!(受講票をメールで送ります)

上記 a. b. が、いずれも困難な場合はご連絡ください。

(2)受講料入金

a. もしくは b. で申し込みをされましたら、受講料の入金をお願いします。

(3)弊社で受講料の入金が確認できましたら、受講票を送付いたします。

「申込み期限」は講習初日14日前です。

申込期限までに受講料の入金をお願いします。受講料の入金が確認できない場合、受講の確約はできません。

受講票の到着をもって、申し込みの完了となります。

受講票が、講習初日の7日前までに到着しない方は、ご連絡をお願いします。

申し込みをされても受講料の入金の無い方は、キャンセル扱いとさせていただきますので、ご注意ください。

12. 申込期限

申込期限は、上記の講習日程に記載してます。

13. 受講の変更・キャンセルについて

受講者のご都合で受講をキャンセル、または延期する場合、電話にてご連絡いただき、確認のためその日のうちに、ホームページから申請、もしくは受講変更・キャンセル申請書ダウンロードの上、FAXの送付をお願します。

14. 受講キャンセル時の返金について

受講者のご都合、主催者側の事由(講師のコロナウイルス感染など)、その他の理由により、受講料を以下のとお り返金させていただきますので、ご了承ください。

事由 返金額
1 主催者側の事由により、講習の全部ができなくなった場合 全額
2 交通スト、天災、地変等不可抗力の理由により講習の全部ができなくなった場合 全額
3 受講者の都合により講習の全部に参加できなくなった場合 下記参照
-1.受講初日の7日前までにキャンセルの通知があった場合 全額
-2.受講初日の6日前から2日前までにキャンセルの通知があった場合 金額の50%
-3.受講初日の前日のキャンセル通知または講習日当日に欠席した場合 返金なし
-4.当日の公共交通機関の遅延により、受講できなかった場合(証明書を後日送付ください) 全額

返金振込手数料(1,2は当社が負担します、3-1,2,3,4は受講者殿に負担いただきます)

15. 修了試験

有機溶剤作業主任者講習の最終日に筆記試験による修了試験を行い、これに合格された方のみ修了証を交付いたします。
なお、修了試験は当該修了試験に係る講習時間の全時間を受講した者に対して行うものです。遅刻又は早退した場合はキャンセル扱いとなり、講習及び修了試験を受けることができません。(返金もできません)

16. 講習の修了証に旧姓又は通称を併記したい方

併記を希望される方は、申込み時に下記書類のいずれかのご送付をお願いします。
(簡易書留をお勧めいたします)

<送付先>

〒457-8545 愛知県名古屋市南区大同町二丁目30番地
㈱大同分析リサーチ 環境測定事業部 講習担当

「旧姓又は通称」が確認できる書類は次のとおりです。

  • 戸籍抄本又は戸籍謄本(旧姓が記載されているもの)
    (注)戸籍謄本で確認できないときは、改製原戸籍又は除籍謄本が必要となる場合があります。
  • 住民票の写し(旧姓又は通称が記載されているもの)
  • 運転免許証のコピー(旧姓又は通称が記載されているもの)

労働安全衛生規則の改正により、技能講習修了証へ旧姓を使用した氏名又は通称を併記できるようになります。(括弧内に旧姓又は通称が記載できます)

旧姓:

住民基本台帳法施行令(昭和42年政令第292号。以下「住基法施行令」という。)
第30条の13に規定する旧氏を指し、戸籍謄本のほか、住民票の写し等により確認できる場合に併記できます。

通称:

住基法施行令第30条の16第1項に規定する通称を指し、住民票の写し等により確認できる場合に併記できます。

17. 講習会場 大同分析リサーチ労働衛生講習センター

<住所>

〒457-0819 愛知県名古屋市南区滝春町9番地

<アクセス>

名古屋鉄道常滑河和線  「大同町」 下車徒歩で西に約5分 
大同町駅を降りて右(西)に曲がる(大同大学方面)→コンビニのある信号をわたって1分、右手です。
準急および普通電車以外は大同町駅に停まりませんのでご注意願います。必ず大同町駅に停車することを確認してください.

18. 定員及び締め切り

受講者の定員は、64名です。申込は定員に達した時点で締め切ります。
受講票が、講習初日の7日前になっても届かない場合はご連絡ください。

19. 有機溶剤作業主任者技能講習受講にあたっての重要事項

受講にあたっての重要事項を下記に記載しますので、確認してください。

  • (1)

    講習の受講
    2日間の講習を受講し、修了試験に合格する必要があります。遅刻又は早退した場合はキャンセル扱いとなり、講習及び修了試験を受けることができません。
    返金もできません。

  • (2)

    車での来場は厳禁です。必ず公共交通機関を利用してください。

  • (3)

    コロナウイルス感染防止のため各自マスク着用(持参)ください。

  • (4)

    受講者の方で体調不良等により受講困難と弊社が判断した場合には、当日の受講の中止をお願いをする場合があります。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

20. 講習当日の携行品

  • (1)

    受講票

  • (2)

    写真付き公的証明書(運転免許証、マイナンバーカード、パスポート等)
    ※本人確認のため、必要となります。

  • (3)

    筆記用具(鉛筆、消しゴム、ノート等)
    テキストは講習初日に配布します。(テキストは受講料に含みます)

21. 有機溶剤作業主任者技能講習よくある質問

Q. 有機溶剤作業主任者技能講習への参加資格は必要ですか?

A. 特にございません。18歳以上の方となります。

Q. 有機溶剤作業主任者技能講習に実技はありますか?

A. 講習に実技はございません。学科のみとなります。

Q. 有機溶剤作業主任者技能講習終了証の交付にはどれくらいかかりますか?

A. 2日目の講習終了後、修了試験(筆記試験)を行い、これに合格されましたらその日のうちに修了証を交付いたします。

Q. 会場はどこになりますか?

A. 愛知県名古屋市南区滝春町9番地
大同分析リサーチ労働衛生講習センターで行います。

22. 問い合わせ先

〒457-8545 愛知県名古屋市南区大同町二丁目30番地
株式会社大同分析リサーチ 環境測定事業部 講習担当

TEL:052-611-9602

FAX:052-611-9461

株式会社大同分析リサーチ 〒457-8545 名古屋市南区大同町2丁目30番地 TEL052-611-9434 FAX052-611-9948